FC2ブログ

そのシリーズ

こんにちは、ボディービルもどきの大山です。IMG_1048.jpg
  前回の続き駐車場DIY
その1
 コンクリート打設
 駐車場の場合、コンクリートの収縮亀裂に気を付けなければなりません。
 コンクリートの収縮亀裂の原因
  骨材が小さい、水が多い、養生が悪い、EXPジョイントが無い、強度が強すぎるなど・・・
 これらを注意して、コンクリート注文
     強度21-スランプ18(駐車場としては柔らかめ)-骨材25で2㎥
                     IMG_3088.jpg
   本来は、ミキサー車を駐車場に入れて、コンクリートを打設する予定でしたが、
     予想以上の大型ミキサー車が来て、入って行けず計画変更。
          一輪車で運ぶことに、臨機応変ですね。
     当然一人ですから、もう大変、運びながら均し。
     多勢に武勢???×(多勢に無勢○)・・・生コンをちぎっては投げ、ちぎっては投げ。
         ・・・状況写真は撮っている時間なしなのでカット。
    次回は、樋を作ってやります。…経験だ、経験しないと解んないもんね。

  その2
    何とか完了。IMG_3091.jpg
    天端は、この上に石を張るので、5センチぐらい下げて打ったので、仕上げなし。
    もし仕上げるなら、個人のDIYでは無理です。
                  ・・・・業者に頼んだ方がいいです。
   生コンは、打った時は平らですけども、水の多い部分と少ない部分があり、
 水が引いて硬化してくると、凹凸が出来てきて上手く行きません。
   職人業者の方は、温度湿度季節によりますが、おそらくスランプ15以下で、その誤差を考慮して作業します。
職人の世界は、誤差との勝負。

その3
 レイタンス削り。
   打設した次の日、コンクリート表面には、白い粉のような、レイタンスが付いています。
                        IMG_3101.jpg
 この上に石をモルタルで張った時、付きが悪いので、グラインダーにブラシを付けて、表面を削ります。
           IMG_3104.jpg
    養生は、気温を気にし5日間2度以下に下げない様にして、
    水を撒いて湿潤状態にして養生しました。
    特に、急激な乾燥は亀裂が発生します。

    次回は、石張り。
             では、

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する